インプラント

インプラントとは?

歯を失ってしまった部分に 人口の歯根 を埋め込む治療です。

インプラントとは、歯を失ってしまった部分へ人工の歯根を埋め込んで機能を回復する治療の事です。
入れ歯やブリッジ等と違い、周囲の歯に影響がない事もメリットの一つです。しかし、全ての方がインプラント治療を受けられるわけではありません。インプラントを埋入する土台(顎の骨)の状態が重要なポイントになります。最近では、その顎の骨から再生できるような治療も出てきています。
入れ歯が咀嚼時に不安定と感じる方、ブリッジの治療で健康な歯に負担を掛けたくない方、治療のため健康な歯を削りたくない方、脱着式の入れ歯ではなく天然歯のようにしたい方には、インプラントをご選択されることをおすすめします。
是非、一度ご相談ください。

インプラントとは?

入れ歯やブリッジとの違いは?

インプラント

インプラント
メリット
► 自分の歯と同じような感覚で噛むことができる。
► 周りの歯を傷つけない。
► ほかの歯の力の負担が減り、残存歯の保護に役立つ。
► 見た目が自然で違和感がない。
デメリット
► 簡単な手術が必要。
► やや治療費が高い。
► 骨への定着期間を入れると治療期間が長い。

ブリッジ

ブリッジ
メリット
► 自分の歯と同じような感覚で噛むことができる。
► 周りの歯への影響が少ないため、残存歯の保護に役立つ。
► 違和感がない。
デメリット
► 両隣の健康な歯を削らなければならない。
► 支えになる歯に大きな力の負担がかかる。
► ブリッジと歯肉との間に食べ物のカスがつまり、口の中が不衛生になりやすい。

入れ歯(義歯)

入れ歯(義歯)
メリット
► 周りの歯をほとんど傷つけない
► 比較的治療が簡単
► はずして清掃しやすい。

デメリット
► 食べ物が入れ歯に挟まって口の中が不衛生になりやすい。
► 違和感がある。
► 留め金が見えて見た目がよくない。

治療は痛くないですか?

基本的には、インプラントを埋入する手術を行う際は局所麻酔を行いますので術中の痛みはほとんどありません。しかし、麻酔が切れた後に痛みが出る場合があります。痛みの感じた方には個人差がありますが、ほとんどの方は処方した痛み止めを服用していただければ、生活に支障ありません。

また、インプラントの金属は腐食しないチタン製となりますので、生体とも馴染みやすく安全性にも優れています。

治療は痛くないですか?

治療には、どのくらいの期間がかかりますか?

治療には、どのくらいの期間がかかりますか?

治療期間は個人差がありますが、顎の骨の中に埋入した人工歯根が定着するまで待ちます。まず、手術自体は約1~2時間を想定しています。そして、一般的な治療期間は下顎は3~4ヶ月、上顎は6ヶ月ほどの期間を要します。人工歯根が骨にしっかりと定着したことを確認してから上部の歯を製作します。

治療が適さないケースはありますか?

  • 循環器系の疾患や糖尿病などの全身疾患で医療管理のされていない方
  • 骨粗しょう症などの治療薬服用されている方
  • 骨の量が少ない方
  • お口の清掃が不良な方
  • 禁煙ができない方
  • 金属アレルギーがある方
  • 15歳以下で骨が完全に成長しきっていない方

個人差はありますがケースによってはあります。
その他、特定疾病をお持ちの方も完治するまではインプラント治療ができないこともありますので、治療の事前相談時にヒアリングさせていただきます。

治療が適さないケースはありますか?

骨をほとんど削らない安心・安全なインプラント治療法(O.A.Mインプラント)とは?

当院では、従来の治療法とは違い、骨をドリルでほとんど削らない治療法(O.A.Mインプラント)でより安全で侵襲の少ないインプラント治療を採用しています。
骨に小さなピンホールを開け、その穴を内から外に向けて少しずつ圧力をかけて広げていきます。内側から押し広げているので、いったん押し広げられた骨は元に戻ろうとしてインプラントの周りを締めつけて密着します。強固で確実な耐久性を得ることができます。
安全性が高く、身体へのダメージが少ない治療法です。

骨をほとんど削らない安心・安全なインプラント治療法(O.A.Mインプラント)とは?